有沢製株が売り気配、顧客先の生産調整見込み今期は一転営業赤字へ

電子材料などを手掛ける有沢製作所 株が売り気配を切り下げる展開。会社側は、欧米の景気減速懸念などか ら電子材料分野の主要顧客が生産調整を行う公算が大きいと判断、26日 付で今期(2011年3月期)業績予想を大幅に引き下げた。

午前9時25分現在の気配値は前日比10%安の451円。6万株の買 い注文に対し、9万株超の売り注文が入っている。

有沢製が26日の取引終了後に公表した修正業績予想によると、今期 の連結営業損益は3億8000万円の赤字となる見通し。従来予想は5億 2000万円の黒字だった。電子材料分野の受注が当初の想定を下回ると見 込み、売上高予想を383億円から366億円に4.4%引き下げた。

ブルームバーグ・データに登録されたアナリスト2人による事前の 営業損益予想の平均は3億2500万円の黒字。前期は13億円の赤字だっ た。今期も赤字となると、3期連続の営業赤字となる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE