中国の不動産投機抑制策、需要への影響は一時的なもよう-シティ

米シティグループは、中国当局の不 動産投機抑制策について、国内の過剰流動性や政府の歳入面での不動産 への依存、代替投資先の欠如などを考慮すれば、需要への影響は一時的 なものにとどまるとの見方を示した。

オスカー・チョイ氏率いるシティのアナリストはリポートで、「現 在の株価は悪材料の大半を織り込み済みだと考える」と説明。「政策に 過度の注意を払うべきではない」と記した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE