アイルランド政府:財政緊縮目標を150億ユーロに引き上げ

アイルランド政府は総額150億 ユーロ(約1兆7000億円)に上る期間4年の財政緊縮策を計画して いる。これは従来の目標の倍の規模に相当する。同国の財政赤字制御 は可能で、銀行救済コストに対処できることを投資家に納得させる狙 いがある。

政府が26日、電子メールを通じて発表した声明によれば、同国 の財政赤字を2014年までに欧州連合(EU)の財政安定成長協定が 定める国内総生産(GDP)比3%以内に抑制するため、こうした予 算削減が必要になる。レニハン財務相が来月、計画の詳細を明らかに する。

同財務相は、財政緊縮目標の引き上げは、景気回復が政府の予想 より低調なことを反映していると説明した。政府は財政赤字の今年の 対GDP比率について、銀行救済コストによる一時的な「急増」で約 32%に達すると指摘しており、赤字圧縮は不可能との懸念が投資家の 間に広がっている。それでも財務相は、7500億ユーロ規模のユーロ 圏救済基金をアイルランドが利用する必要はないとこれまでに述べて いる。

KBCアイルランドのチーフエコノミスト、オースティン・ヒュ ーズ氏は「150億ユーロという数字は、目標調整分の多くが経済成長 で賄えないとの予想を反映しているようだ」とし、「問題は緊縮策自体 が成長をさらに弱める要因となり得ることだ。今の課題は成長を万全 とする方策を見いだすことだ」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE