米FHFA住宅価格指数:8月は前年比2.4%低下

米住宅価格指数は8月に前年同 月比で2.4%低下した。差し押さえ物件の販売が増えるなか、価格 が押し下げられたことが背景。

米連邦住宅金融局(FHFA)が26日発表した住宅価格指数(季 節調整済み)によると、落ち込みが最も大きかったのはネバダとア リゾナの両州を含む地域で7.5%低下。次いでフロリダ州を含む地 域の4.9%低下。

差し押さえを背景に住宅の供給が増加し、差し押さえ物件は割 引価格で販売されるため全体の価格下落につながっている。米民間 調査会社リアルティトラックによれば、9月の住宅差し押さえ件数 は過去最高の10万2134件だった。

一方、8月の同価格指数は前月比では0.4%上昇した。ブルー ムバーグがまとめたエコノミスト12人の予想中央値は0.2%低下 だった。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 大塚 美佳 Mika Otsuka +1-212-617-5823 motsuka3@bloomberg.net Editor: Akiko Nishimae,Tsuneo Yamahiro 記事に関する記者への問い合わせ先: Kathleen M. Howley in Boston at +1-617-210-4623 or kmhowley@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Kara Wetzel at 1-212-617-5735 or kwetzel@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE