英国の格付け見通しステーブルに引き上げ、赤字削減政策評価-S&P

米格付け会社スタンダード・アン ド・プアーズ(S&P)は26日、英国の格付け見通しを「ステーブル (安定的)」に引き上げた。キャメロン政権の財政赤字削減取り組みを 評価した。

S&Pは英国の最上級格付け「AAA」を据え置くとともに、格 付け見通しを「ネガティブ(弱含み)」から変更した。昨年5月に見通 しを引き下げていた。

S&Pは電子メールでのリポートで、連立政権を組む保守党と自 由民主党は「英国の財政をより持続可能なものにする取り組みで高度 の協調を示した」と指摘した。

この日発表された英国内総生産(GDP)統計によれば、7-9 月(第3四半期)の成長率は前期比0.8%と市場予想の2倍だった。 キャメロン政権は昨年GDPの11%に相当した財政赤字の縮小に向 け公務員削減などを計画している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE