欧州金融安定基金レグリングCEO:欧州債務危機の最悪期過ぎた

欧州債務危機の拡大阻止を目的と した基金である欧州金融安定ファシリティー(EFSF)のクラウス・ レグリング最高経営責任者(CEO)は、ユーロ圏諸国間には「大き な格差」が残っているとしながらも、欧州債務危機の最悪期は終わっ たとの認識を示した。

同CEOは26日、ブリュッセルでの会議で、「欧州はユーロ圏の ソブリン債問題への取り組みで断固とした行動を取ってきた」と述べ た。その上で、「欧州危機の最悪期は過去のものとなった」と指摘し た。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki1@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Jonathan Stearns at +32-2-285-4306 or jstearns2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE