独プーマの7-9月:14%増益、通期売上高見通しを上方修正

欧州2位のスポーツ用品メーカ ー、ドイツのプーマの7-9月(第3四半期)決算は、14%増益とな った。同社は通期の売上高と利益率の見通しを引き上げた。

26日の発表資料によると、純利益は7760万ユーロ(約88億円、 1株当たり5.13ユーロ)となった。ただ、ブルームバーグがまとめた アナリスト7人の予想平均7930万ユーロは下回った。

通期の売上高は「1けた台半ばから後半」の伸びとなるとの見通 しを示した。従来は「1けた台前半から半ば」の伸びを予想していた。 また、横ばいを見込んでいた粗利益率は上昇する見通しだ。

7-9月の売上高は前年同期比16.5%増の7億8430万ユーロだ った。ユーロの対ドル相場は7-9月に平均1ユーロ=1.29ドルと、 前年同期の1ユーロ=1.43ドルから下落。売上高はフォーチュンブラ ンズのゴルフ用品ブランド、コブラを今年買収したことでも押し上げ られた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE