中国重慶市、不動産課税で2軒目と大型住宅が対象-21世紀経済

中国の重慶市は、2軒目の住宅購 入と規模の大きな1軒目の住宅に不動産税を課す可能性がある。中国 紙、21世紀経済報道が26日、事情に詳しい匿名の政府当局者の話を 基に報じた。

同紙によると、2軒目の住宅購入者への課税率は不動産価値の

0.3%となる。同当局者は、1軒目の住宅の面積が200平方メートルを 超える場合も課税対象となると述べたという。同紙は不動産税の試験 導入は国務院(内閣に相当)の認可待ちだと伝えた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 藤田比呂子 Hiroko Fujita +81-3-3201-8662 hfujita2@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Bloomberg News at +86-21-6104-3037 or gturk2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE