中国NAFMII:社債格付け、不正回避には投資家の手数料負担必要

中国の債券市場を監督する中国銀 行間市場交易商協会(NAFMII)は、新たに設立した格付け会社 について、信頼を損ねる利益相反を避けるために発行体ではなく投資 家から手数料を徴収する必要があるとの見解を示した。

NAFMIIの時文朝秘書長は25日、格付け改革に取り組む委員 会発足に際し、「中国の格付け会社への信頼感は高くなく、その権限は 大きくない」と指摘。「国内格付け業界は組織力の弱さにより、外部か ら有効な強制力を発揮しておらず、市場で不正行為を招く原因となっ た」と語った。

中国には格付け会社が5社あるが、債券の発行体は最も高い格付 けを付与する会社に格付けを依頼する傾向があり、結果として投資家 の最善の利益とはならない恐れがある。

民間企業の社債発行が増える中、投資家保護を促進するためNA FMIIは新たな格付け会社の立ち上げに5000万元(約6億円)を投 じている。アジア開発銀行(ADB)は今月、人民元建て社債市場が 6月末までの1年間で54%増の5460億ドル(約44兆円)規模に拡大 したことを明らかにした。

国務院発展研究センター金融研究所の巴曙松副所長は25日、中国 社債市場の拡大と金融システムにおけるその重要度の高まりは、信頼 性の高い格付けの必要性を明白にしていると指摘。「米国から学んだ最 も重要なことは、格付け会社の内部メカニズムを強化し、透明性を高 めることだ」と語った。

--Henry Sanderson. Editors: James Regan, Laura Zelenko.

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 関根裕之 Hiroyuki Sekine +81-3-3201-7850 hsekine@bloomberg.net Editor: Kanta Watanabe 記事に関する記者への問い合わせ先: Henry Sanderson in Beijing at 86-10-6649-7548 or hsanderson@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Will McSheehy at +65-6212-1140 or wmcsheehy@bloomberg.net; James Regan at +852-2977-6620 or jregan19@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE