米商品株や工業株の買い推奨、世界経済の成長で恩恵-クジオ氏

米国の商品株や工業株などは世界 の経済成長による恩恵を受けると見込まれると、パシフィック・ハイ ツ・アセット・マネジメントのマイケル・クジオ氏が指摘した。

クジオ氏はインタビューで、「われわれは全般的に米国株を好んで いる」とし、「企業収益は今のところバリュエーション(株価評価)を 正当化している」と述べた。S&P500種株価指数の株価収益率(P ER)は15.1倍。1954年以降に発表された収益を基にブルームバー グがまとめたPER平均は16.2倍だ。

クジオ氏のファンド「パーマネント・ポートフォリオ」の運用成 績はこの5年間、ライバルの98%を上回っている。同氏は金や銀、ス イス・フラン建て資産、米成長株、米国債と高格付け社債、米国内外 の不動産・資源株の6分野に投資している。

クジオ氏は、特にブラジルやロシア、インド、中国などの「高い 成長」を背景に、世界の景気回復が続いていると指摘した。

推奨する具体的な銘柄としては、世界的な経済成長と価格決定力 による恩恵を受けるとして航空貨物の米フェデックスを挙げた。豪英 系鉱山会社BHPビリトンは、多くの商品市場にかかわり、通貨安で 好影響を受けることが可能だと同氏はみている。金融業界で「効率的 な運営を手掛ける」として米カストディー(証券管理)銀行のステー ト・ストリートも勧めた。米国外からの収入の割合が高い銘柄も推奨 した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE