北海道で強毒性鳥インフルウイルス検出、環境省-共同

北海道稚内市の大沼で採取された野 生のカモのふんから、強毒性鳥インフルエンザのウイルスが検出された ことを環境省が明らかにしたと共同通信が26日報じた。大量死した野鳥 などは見つかっていないとしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE