英住宅価格は金融危機による値下がりの約7割回復-中銀総裁

イングランド銀行(英中央銀行) のキング総裁は、英国の住宅価格が金融危機による値下がりの約3分 の2を回復したとの見解を示した。

キング総裁はエコノミスト誌がニューヨークで主催したイベント で25日、米住宅市場の回復を示す「明確な」兆候はないが、英国の不 動産価格は2008年の信用逼迫(ひっぱく)に伴う15%の値下がりの うち約10ポイント分を既に回復していると指摘。英国の延滞率は1990 年代よりも「大幅に低い」水準にとどまっていると述べた。

同総裁はまた、英米の不動産市場に共通する要因として低い実質 金利によって価格が押し上げられた点を挙げた。

参考画面: 記者への問い合わせ先: 東京 守護 清恵 Kiyoe Shugo  +81-3-3201-7499

kshugo@bloomberg.net  Editor: 記事に関する記者への問い合わせ先: Svenja O’Donnell in London at +44-20-76732287 or sodonnell@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Craig Stirling at +44-20-7673-2841 or cstirling1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE