英7-9月GDP、前期比0.4%増に成長鈍化へ-ブルームバーグ調査

英国の7-9月(第3四半期) の経済成長率は、4-6月(第2四半期)の3分の1に鈍化したもよ うだ。

ブルームバーグ・ニュースが集計したエコノミスト35人の予想 によれば、英国の第3四半期の国内総生産(GDP)は前期比0.4% 増(中央値)と、第2四半期の同1.2%増から減速する見込み。英政 府統計局(ONS)は現地時間26日午前9時半(日本時間同午後5 時半)にGDP統計を発表する。

イングランド銀行(英中央銀行)のタッカー副総裁は25日、英 経済は引き続き「そこそこ強い」向かい風に直面しており、回復には 「むらがある」と語った。

バークレイズ・キャピタルのエコノミスト、サイモン・ヘイズ氏 はインタビューで、「景気見通しはかなり抑制されているようだ」と 指摘。「量的緩和の規模を拡大しなくても何とか乗り切れるだろう。 金融政策委員会(MPC)委員の多くがそうなることを祈ると思う」 と語った。同氏は第3四半期のGDPについて前期比0.4%増を予想 している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE