アジア株:反落、円相場の上昇で-買収提案受けた豪ASXは下落

26日のアジア株式相場は3営業 日ぶりに反落。円相場が対ドルで15年ぶりの高値付近で推移し、日 本企業の輸出利益が目減りするとの懸念が広がった。

海外での売り上げが全体の約79%を占めるファナックが安い。 国外の売上高が約45%のアステラス製薬も値下がり。2011年3月期 の連結営業利益は前期比38%減の1150億円前後になる見通し、と 26日付の日本経済新聞朝刊が報じたことが響いた。オーストラリア 証券取引所を運営するASXは5.6%安。ASXに対し25日に現金 と株式による買収案を提示したシンガポール取引所株が、アナリスト による投資判断引き下げで続落したのが嫌気された。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午前10時36分現在、前 日比0.4%安の131.02。日経平均株価の午前終値は前日比17円76 銭(0.2%)安の9383円40銭。

SMBCフレンド証券の中西文行シニアストラテジストは「円相 場は79円台に入るリスクがあり、上値の重たい展開になる」との見 方を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE