シンガポール取引所のASX買収案、国益に懸念生じる-豪議員

シンガポール取引所がオーストラ リア証券取引所を運営するASXに提示した総額約84億豪ドル(約 6730億円)の買収案は、国益への懸念を生じさせるとオーストラリア の影の内閣で財務相を務めるジョー・ホッケー議員が警告した。買収 案に問題提起を行ったのは同国の議員としては2人目だ。

ホッケー議員は26日の豪ABCラジオで、「アジア太平洋地域に おけるわれわれの主要な競争相手が、わが国の証券取引所の買収に動 いている。これは重大な懸念を引き起こす」と指摘。国益の問題かと の質問に対し、「もちろんそれがある」と述べた。

両社が合意した買収案は、スワン豪財務相の承認を得る必要があ る。無所属のボブ・カッター議員は25日、同国を代表する証券取引所 を売却する計画を「はなはだしい愚かな行為」と批判した。

ホッケー議員はラジオで、「証券取引所自身としては株主の最良の 利益にかなう行動をしているのだろう。わたしもそれは理解できる。 しかし、国益に基づいて行動するのが財務相の責務だ」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE