米フォード:ミシガン州で690億円を投資、1200人増員-販売回復で

米自動車メーカー2位、フォー ド・モーターは販売の回復に伴い、2013年までにミシガン州で8億 5000万ドル(約690億円)の投資を実施し、1200人を増員する計画 だ。

フォードの25日の発表によると、エンジニアリング・製造部門 で時間給労働者を900人、ホワイトカラー従業員を300人それぞれ増 やす。増員対象の工場・施設として、バンダイク・トランスミッショ ンやスターリング・アクスル、リボニア・トランスミッション、ディ アボーン・トラック・プラントなどを挙げている。

フォード米州部門のマーク・フィールズ社長は記者団に対し、ミ シガン州が15年にわたって最大4億ドル相当の税優遇措置を実施し、 同社を支援していると語った。

同社長は「雇用定着に向けた一連の税優遇が講じられなければ、 この手の投資を行うのは相当難しかっただろう」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE