財務相:G20合意なければドル安加速も-FOMC注視

野田佳彦財務相は26日午後の衆 院財務金融委員会で、前週末にかけて韓国・慶州で開かれた20カ国・ 地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議で一定の合意がなかったなら ば、ドル安が加速しただろうと述べた。

その上で、米連邦準備制度理事会(FRB)が11月2-3日に開 く次回の米連邦公開市場委員会(FOMC)の動向を注視すると語っ た。公明党の竹内譲氏への答弁。

野田氏は衆院財金委で、「年初以来、円とさまざまなアジア通貨の バランスを調査すると、人民元、韓国ウォンのみならず、全体的に円 が増価をしている」と言明。「新興黒字国の為替の柔軟化に向けて、先 進国が協調しながら促し、理解してもらう作業が引き続き必要だ」と 語った。

その上で、中国の人民元問題については「為替の柔軟化について は基本的には合意し、それに努める姿勢にあると理解している」と語 った。

G20は23日採択した共同声明で、「経済のファンダメンタルズ(基 礎的諸条件)を反映し、より市場で決定される為替相場システムに移 行し、通貨の切り下げ競争を回避する」と表明。先進国は「為替レー トの過度の変動と無秩序な動きを監視する」ことで合意した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE