三井住友4000億円でみずほと三菱UFJ3000億円、上期最終益-日経

三菱UFJファイナンシャル・グル ープ(FG)と三井住友FG、みずほFGの4-9月期の連結最終利益 が合計で前年同期の3倍程度に膨らみ、4年ぶりに1兆円規模を確保す る見通しとなった、と26日付の日本経済新聞朝刊が報じた。個別の利益 は三井住友が4000億円でみずほと三菱UFJが各3000億円で、国債の売 買益など市場関連収益の増加や不良債権処理損失の減少が主な要因だと している。取材源は示していない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE