コーン前副議長:FRBは自信を-インフレ抑制能力への懸念は不要

米連邦準備制度理事会(FR B)のコーン前副議長は25日、FRBは、人々がFRBの能力と行 動に信頼を置いているとの「絶対的な確信を持つ」ことが必要だとの 認識を示した。

コーン前副議長は米ジョージタウン大学で講演。その後の質疑応 答で、「米財務省証券の購入がFRBのインフレ抑制能力を危うくす るとの懸念を抱くべきではない」と述べた。

また、「金融当局は適切な時期が来れば、財政赤字の穴埋めをや めるだろう」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE