エラリアン氏:ギリシャは3年以内にデフォルトの公算

債券ファンド大手、米パシフィッ ク・インベストメント・マネジメント(PIMCO)のモハメド・エ ラリアン最高経営責任者(CEO)は、ギリシャの予算削減措置は公 的債務負担の抑制に不十分で、同国が3年以内にデフォルト(債務不 履行)に陥る公算は大きいとの見方を明らかにした。

エラリアン氏は25日にニューヨークでエコノミスト誌主催の会 議に出席し、「他国への波及を阻止することが可能で、競争力保持のた めに秩序ある再編と再評価を通じて行われる限りは」デフォルトの可 能性が高いと発言。「この選択肢は成長と雇用創出を約束するものでは ない」と付け加えた。

欧州連合と国際通貨基金(IMF)は5月2日、ギリシャ政府に よる公務員賃金・年金の削減と燃料やアルコール、たばこの増税への 合意と交換条件に同国向け支援パッケージを承認した。

エラリアン氏は現行プロセス終了時の債務負担は開始時よりも高 くなる可能性が高いと述べ、「ほかの部分が強化された時点で、ギリシ ャは突出した債務と競争力への対処が必要になるというのが最も可能 性の高い結果だ」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE