NY金:反発、ドル安で代替投資に需要-終値1338.90ドル

ニューヨーク金先物相場は反発。 ドルが下落したため、代替投資としての需要が高まった。

ドルは主要通貨バスケットに対して最大1%下落。韓国・慶州で 開かれた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は23日、 通貨安競争を回避することを盛り込んだ共同声明を採択して閉幕した。 しかし、米連邦準備制度理事会(FRB)が追加の国債購入に踏み切 り、ドルの価値が低下するとの懸念は弱まらなかった。

ユーロ・パシフィック・キャピタル(ニューヨーク)のシニアエ コノミスト、マイケル・ペント氏は、「FRBはドルがもはや逃避通 貨ではないことを世界に示した」と指摘。「今度、危機が起これば、 投資家は商品や貴金属の所有に基づいた逃避先を模索すべきだ」と述 べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 相場12月限は前週末比13.80ドル(1%)高の1オンス=

1338.90ドルで終えた。中心限月としては13日以来の大幅高。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE