NY銅:2年3カ月ぶり高値-ドル安で商品投資が活発化

ニューヨークの銅相場は大幅高。 ドル下落が代替資産としての原材料への投資需要を押し上げ、銅は2 年3カ月ぶりの高値に跳ね上がった。

20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が輸出促進のた めの「通貨安競争」の回避で合意する一方、米連邦準備制度理事会(F RB)が国債を追加購入する可能性があるとの観測が高まった。これ を受けて、主要6通貨に対するドル指数は一時1%低下した。商品19 銘柄で構成するトムソン・ロイターズ・ジェフリーズCRB指数は一 時1.4%上昇し、2年ぶりの高水準に近づいた。

ロイヤル・バンク・オブ・カナダ(RBC)ヨーロッパの工業用 金属取引責任者、アレックス・ヒース氏(ロンドン在勤)は「G20の 声明が発表されたことでドルがさらに軟化し、銅など金属相場全般は 予想通り上昇している」と指摘した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先 物12月限は、前営業日比6.6セント(1.7%)高の1ポンド当たり

3.863ドルで終了。一時は2008年7月以来の高値となる3.8895ド ルまで買い進まれた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 堀江 広美 Hiromi Horie +81-3-3201-8913

hhorie@bloomberg.net Editor: ニューヨーク 西前 明子 Akiko Nishimae +1-212-617-2601 anishimae3@bloomberg.net 記事についての記者への問い合わせ先: Moscow Maria Kolesnikova +7-495-771-7707 mkolesnikova@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: Claudia Carpenter +44-20-7330-7304 ccarpenter2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE