欧州債:ドイツ国債が上昇、米GDP統計控え量的緩和観測が強まる

欧州債市場ではドイツ国債が上 昇。今週発表の経済統計で米経済成長率が平均未満にとどまっている ことが示されるとの見方から、米連邦準備制度理事会(FRB)が新 たな国債購入プログラムを開始するとの観測が強まった。

独2年債利回りは9営業日ぶりに低下した。ゴールドマン・サッ クス・グループは、FRBが景気刺激に向け2兆ドル(約160兆円) 相当の資産を購入するとの見通しを示した。この日発表されたユーロ 圏鉱工業新規受注がエコノミスト予想の2倍以上の伸びを示した後も、 独国債は上昇した。ベルギー10年債も上昇。同国はこの日27億 5000万ユーロ規模の同年債入札を実施した。ベルギー10年債の同年 物ドイツ国債に対する上乗せ利回り(スプレッド)は過去1週間で最 小に縮小した。

クレディ・アグリコルCIB(ロンドン)の資本市場戦略担当ア シスタントディレクター、オーランド・グリーン氏は、「刺激策に関 連した話題が依然として非常に注目されており、これが引き続き相場 を支えている」と述べた。

ロンドン時間午後3時37分現在、ドイツ2年債利回りは前営業日 比5ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の0.96%。21 日には1.008%まで上昇し、4月12日以来の高水準を付けていた。 独10年債利回りは2bp低下の2.45%。先週は10bp上昇した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE