ECBは比較的早期に利上げも、強さ増すドイツ経済が後押し-S&P

ドイツ経済が力強さを増してい ることで、欧州中央銀行(ECB)は「比較的早い時期」の利上げ開 始を余儀なくされる可能性がある。米格付け会社スタンダード・アン ド・プアーズ(S&P)が指摘した。

S&Pの欧州担当チーフエコノミスト、ジャンミシェル・シース 氏は25日、電子メールで「ドイツの景気回復が進むにつれ、回復ペー スは引き続き速まり、成長率は他のユーロ圏各国を上回る可能性が高 い」とした上で、「ドイツ経済を基に量的緩和からの出口戦略のタイ ミングを決定させるというECBに向けた力は強いものになるだろう」 と説明した。

ドイツの4-6月(第2四半期)実質国内総生産(GDP)は前 期比2.2%増と、20年ぶり高成長となった。この成長率はユーロ圏全 体の2倍を上回る。

シース氏は、「ドイツはユーロ圏の大半の国よりも幅広く、力強 い回復の兆候を示しつつあるようだ」とし、「ECBの比較的早い時 期の行動で、対ドルでのユーロ相場を新たに押し上げることになるか もしれない」と記した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE