英中銀副総裁:二番底の回避目指す、依然向かい風に直面

イングランド銀行(英中央銀行) のタッカー副総裁は、景気回復には引き続き「むらがある」とした上 で、新たなリセッション(景気後退)を阻止することが政策当局の役 目だと指摘した。

タッカー副総裁は25日、ロンドンで開かれた英産業連盟(CBI) の会議で英景気が二番底に陥ると思うかどうかを問われ、景気後退に 再び陥ることのないようにすることが「イングランド銀行の使命だ」 と発言。回復は「浮き沈みが激しくむらがあるものになるだろう」と 述べた。

同副総裁は「今年初めの段階では、現時点までにイングランド銀 行がおそらくは金融刺激策を解除し始めているだろうと予想していた」 と発言。「わたしの個人的な観点からすれば、その可能性は現在、こ れまでよりも低いようにみえる。引き続きそこそこ強い向かい風が吹 いている」と続けた。

副総裁はまた、経済の「状況は1年前よりも良好だ」とし、「こ れまでのところは順調だと言える」と発言。その上で「少なくとも想 定していたような回復は始まった」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE