ギリシャ中銀総裁、政府に成長戦略の実行促す-カティメリニ紙

ギリシャ中央銀行のプロボポラス 総裁は、国内の財政再建のペースを維持し、経済を成長軌道に戻す必 要性を訴える。ギリシャ紙カティメリニ(オンライン版)が、来週公 表される報告書を引用して伝えた。

同紙によれば、同総裁はギリシャの今年の経済成長率がマイナス 4%と、同国政府や欧州連合(EU)、国際通貨基金(IMF)の予測 に沿った内容となり、失業率は12%に達するとの見通しを示す。その 上で、ギリシャが成長に焦点を絞り、投資を呼び込む必要があると表 明するという。

同紙によれば、報告書では政府が企業や個人に対し新たな課税措 置を取らず、赤字削減の取り組みのうち3分の2を歳出削減で、3分 の1は歳入増に基づくべきだと指摘。同総裁は銀行に合併を通じた競 争力強化を促すとともに、国有地の開発を推進すると同紙は伝えてい る。こうした措置が成長を刺激し、速いペースでの公的債務削減につ ながる可能性があるとしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE