NY原油先物時間外:一段高、1%超上昇-ドル安とハリケーン接近で

ニューヨーク原油先物相場は25 日の時間外取引で一段高。ドルが下げているほか、ハリケーン「リチャ ード」がメキシコ湾に接近していることが材料視された。メキシコ湾は 米国の原油生産の31%を占める。

原油相場は一時、1.2%上昇した。20カ国・地域(G20)財務 相・中央銀行総裁会議は輸出を促進するための通貨安競争を回避する方 針を表明。ドルは主要16通貨のうち1通貨を除くすべてに対して下落 した。米国立ハリケーン・センター(NHC)によると、リチャードは 中米のベリーズを通過した。

コモディティー・ブローキング・サービシズのマネジングディレク ター、ジョナサン・バラット氏(シドニー在勤)はインタビューで「原 油相場に影響しているのはドルの全般的な弱さだ。ハリケーンの接近で 投資家もやや買いを入れ始めるだろう」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物12月限は一時、 97セント高の1バレル=82.66ドルを付けた。シンガポール時間午後 2時1分(日本時間同3時1分)現在、82.63ドルで推移している。前 週末の通常取引は1.4%高の81.69ドルで引けた。先週は0.5%上げ、 年初来では3.9%の上昇。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE