ギリシャ政府に対する不支持率が上昇、地方選挙前に-世論調査

ギリシャ政府の政権運営に対する 不支持率が、来月の地方選挙を前に急上昇したことが、最新世論調査 で明らかになった。

GPOがメガ・テレビジョンの委託で有権者5000人を対象に実施 した同調査によると、回答者の67%近くが与党、全ギリシャ社会主義 運動(PASOK)に否定的な意見を示した。8月31日の調査での不 支持率は57%だった。また、59%はパパンドレウ首相を否定的にみて いると答えた。同調査は10月18-22日に実施された。

また、最大の人口を抱えるアッティカ地方で行われる選挙に関す る調査では、PASOK公認候補が対立候補にリードを許している。

同調査の誤差率は示されていない。地方選挙は11月7日に実施さ れる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE