独ダイムラー:中国のBYDとのEV開発、「極めて順調」

世界2位の高級車メーカー、ドイ ツのダイムラーは、米資産家ウォーレン・バフェット氏が出資する中国 の自動車メーカー、比亜迪(BYD)との電気自動車(EV)開発の合 弁事業が順調に進んでいることを明らかにした。

ダイムラーのディーター・ツェッチェ最高経営責任者(CEO)は 23日、上海で開かれたフォーラムで、このEV車の形などは間もなく 確定し、開発に着手する際の条件となると発言。「この車両で実現しな ければならない詳細な点をわれわれは具体的に認識している」とし、 「経過は極めて順調に進んでいる」と語った。

ツェッチェCEOは先週、ブルームバーグ・ニュースのインタビュ ーに対し、ダイムラーとBYDは早ければ2012年にEV車を投入する 構えだと話していた。両社は今年5月以降、合弁のパートナーとなって いる。

--Liza Lin in Shanghai. With assistance from Andreas Cremer in Berlin. Editors: Kae Inoue, Mark Williams

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 重松 典子 Noriko Shigematsu +81-3-3201-3986 nshigematsu@bloomberg.net Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Liza Lin in Shanghai at +86-21-6104-7010 or Llin15@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Kae Inoue at +81-3-3201-8362 or kinoue@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE