米GE、がん診断技術のクラリエント買収へ-約470億円

医療用画像機器で世界最大の米複 合企業、ゼネラル・エレクトリック(GE)は、がん診断技術を提供 する米クラリエント(カリフォルニア州)を買収することで合意した。 買収規模は約5億8000万ドル(約470億円)。検査技術の向上促進を 図る。

両社が22日、共同発表文で明らかにした。GEはクラリエント株 1普通株当たり5ドル、株式公開買い付け(TOB)を開始する。21 日の終値を34%上回る価格。優先株は同20ドル。GEによると、ク ラリエント株主の約47%がTOBに同意している。

GEのジェフリー・イメルト最高経営責任者(CEO)は現在、 ヘルスケア事業を拡充。研究支出を増やし、イーライ・リリーなどと の提携を強化している。

GEのヘルスケア部門GEヘルスケアのCEO、ジョン・ディニ ーン氏は、インタビューに対し「われわれは診断技術の新たな領域に 移行している。製薬会社ではすでに顕著な動きだ。われわれも同じ方 向に進んでいる」と語った。

GEの22日株価終値は、前日比5セント安の16.06ドル。クラリ エントは1.24ドル(33%)高の4.98ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE