東シベリアに日本権益の油田、10年代半ばに生産開始-日経

政府が探鉱を進めるロシア・東シ ベリアの3鉱区で、原油と天然ガスの豊富な埋蔵が確認されたことが 22日、明らかになったと23日付の日本経済新聞朝刊が報じた。3鉱 区に持つ49%の権益は日本企業に譲渡し、2010年代半ばにも生産を開 始するという。事業主体の独立行政法人、石油天然ガス・金属鉱物資 源機構(JOGMEC)と、現地の民間企業イルクーツク石油(IN K)が共同で探鉱・調査していると伝えた。

JOGMECは22日、同地区での探鉱調査事業に関連してINK と共同で23日に現地で記者会見を開くと発表した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE