NY外為(22日):ドル指数、週間で6週ぶり上昇

今週のニューヨーク外国為替 市場は、主要6通貨に対するドル指数が週間ベースで9月初め以降 で初めて上昇した。ガイトナー米財務長官は、20カ国・地域(G 20)が経常収支の不均衡是正で具体的な数値目標を設定することを 提案した。

ブラジル・レアルは、週間では6月以降で最大の下げ。ブラジ ル政府は今週、海外投資家による確定利付証券投資への課税につい て、今月2回目となる税率引き上げの実施を明らかにした。22日の 市場では、ドル指数はもみ合う展開。ガイトナー長官は、為替相場 をめぐる緊張緩和を目指し、貿易不均衡の対国内総生産(GDP) 比率を向こう数年間で「特定の水準」未満に減らす政策を提案した。

みずほフィナンシャル・グループの米通貨セールス担当責任者、 ファビアン・エリアソン氏は「きょうは様子見の展開だ。G20財務 相・中央銀行総裁会議で何らかの材料が出れば、来週相場が動く可 能性はある」と指摘。「投資家は誤った判断をしないよう、今は動 くのを控えている。長期的には、依然としてドル安シナリオだ」と 述べた。

ニューヨーク時間午後5時現在、主要6通貨に対するインター コンチネンタル取引所(ICE)のドル指数は、前週末比で0.4% 高。前回週間ベースで上昇したのは、0.7%高となった9月10日 終了週。前日比ではほぼ変わらずの77.374(前日は77.418)。

韓国の慶州で22日、G20財務相・中央銀行総裁会議が始まっ た。米国から中国まで各国が経済成長を自国通貨安に頼る状況につ いて、各国当局者間でこれまで数週にわたり舌戦が続いていた。

ガイトナー長官

野田佳彦財務相によると、ガイトナー長官は各国当局者に対し、 経常赤字または黒字をGDPの4%以下とすることを提案した。

同財務相は22日先に、目標設定案に関する質問に対し、実際 の進め方などを含め米側の説明を聞いてみないと分からないとした 上で、「数値目標を設けるということは現実的ではないのではない か」と語った。一方、カナダのフレアティ財務相はブルームバーグ テレビジョンとのインタビューで、「正しい方向への一歩だ」と評 価した。

ドルはユーロに対し、0.2%安の1ユーロ=1.3954ドル(前 日は1.3920ドル)。対円では81円38銭(前日81円33銭)。 ユーロは対円で0.3%上昇し、1ユーロ=113円53銭。

ユーロ・ドル

ゲイン・キャピタル・グループ傘下のオンライン為替取引会社、 フォレックス・ドット・コムの調査ディレクター、キャスリーン・ ブルックス氏(ロンドン在勤)は、顧客向けリポートで「市場はす でに追加の量的緩和を織り込んでいるようだ」とし、ドルの対ユー ロ相場については「ドルはレンジ内での動きにとどまる可能性があ り、それはドル弱気派にはストレスのたまる展開だろう」と述べた。

米ダラス連銀のフィッシャー総裁は、連邦準備制度理事会(F RB)の行動がドルに与える影響を当局者らは留意しなくてはなら ないと述べた。

米通商代表部(USTR)の次席代表を務めた経歴のあるフィ ッシャー総裁は今週、ニューヨークでブルームバーグとのインタビ ューに応じ、「FRBの行動はその内容にかかわらず、他に影響を 与えることを認識しなくてはならない。そのひとつがドルであり、 多国の通貨に対するドルの価値が影響を受ける」と語った。

ブラジル・レアルは1ドル=1.7057レアル。週間では2.4% 安と、2.6%安となった6月4日までの週以降で最大の下落だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE