香港株(終了):下落、ドル高で資源株に売り-中国移動は続落

香港株式相場は下落。ドル高 に伴い商品相場が下げ、資源関連株が売られた。週間ベースではハ ンセン指数がほぼ2カ月ぶりの下落で終了した。

中国石油化工(SINOPEC、386 HK)は2.4%下げ。ハ ンセン指数構成銘柄の中で最大の下落率だった。上海の労働安全当 局がウェブサイトに22日掲載した文書によれば、同社の製油所で 21日発生した爆発事故で作業員7人が負傷した。銅生産で中国最 大手の江西銅業(358 HK)は2.7%の値下がり。

時価総額で世界最大の電話会社、チャイナ・モバイル(中国移 動、941 HK)は0.7%安と続落。7-9月(第3四半期)の利益 が市場予想を下回ったことが引き続き響いている。中国建設銀行 (939 HK)や中国人寿保険(2628 HK)も安い。

ハンセン指数は前日比131.94ポイント(0.6%)安の

23517.54で終了。週間ベースでは8月27日終了週以来で初めて 値下がりした。ハンセン中国企業株(H株)指数は前日比 0.9% 安の13494.80。

KGIアジアのベン・クウォン最高執行責任者(COO)は「為 替に関して追加の手掛かりを得るために、投資家は20カ国・地域 (G20)財務相・中央銀行総裁会議を注視している」とし、「ドル 高は資源関連株にマイナスの影響を与えている」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE