ECB:単一ユーロ決済制度への移行、さらなる取り組みが必要

欧州中央銀行(ECB)は22日、 決済システム「単一ユーロ決済地域(SEPA)」への移行を完了する ためにさらなる取り組みが必要だと呼び掛けた。移行は想定より遅れ ている。

ECBは、SEPAへの移行は「当初期待されていた結果をまだ 達成していない」とする報告書を発表した。「銀行業界が決めた2010 年12月までにSEPAを通じた銀行口座振替と自動引き落としを一般 的に利用されるようにするとの期限は守られないだろう」と指摘した。

ECBによれば、8月まででSEPAを通じた口座振替はユーロ 圏全体の9.3%にすぎないという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE