米グーグル:「アンドロイド」携帯が95機種超え-広告収入に寄与へ

米グーグルの携帯端末向け基本ソ フト(OS)「アンドロイド」を搭載したスマートフォン(多機能携帯 端末)が、5月時点の約60機種から95を超えるまでに増えた。営業 責任者のニケシュ・アローラ氏はウェブサイト検索事業に加え、モバ イル広告など他の収入拡大に努めており、売上高増加に寄与しそうだ。

米モトローラなどアンドロイドを搭載する製品を手掛けるメーカ ーが増える中、マーケティング担当者は端末ユーザーを対象にした広 告支出を拡大しており、グーグルの追い風になっている。

アローラ氏(42)は今週のインタビューで、「われわれのモバイル 広告は緒に就いたばかりだ」と説明。同氏は収入の大半を占める検索 事業への依存を減らすため、モバイルとディスプレー広告を重視して いる。広告市場では、米フェースブックや米マイクロソフトとの競争 が激化している。

ジャンコ・パートナーズのアナリスト、マイク・ヒッキー氏(コ ロラド州グリーンウッドビレッジ在勤)は「これまでと違ったやり方 で成長を加速させる必要性がある。多大なプレッシャーを受けている グーグルはこれを実行し始めている」と指摘した。グーグル株の投資 判断を「買い」としている同氏は、同社株を保有していない。

グーグルはウェブサイトの画面横に表示される動画やバナー広告 などのディスプレー広告への依存度も大きい。同社の過去4四半期の 売上高は276億ドル(約2兆2400億円)に上るが、先週はディスプレ ー広告の年間売上高が25億ドル、モバイル広告は10億ドルを上回る ペースだとの見方を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE