EUが銀行に追加的な資本求める公算も、好況時に-危機再発防止で

【記者:Jim Brunsden】

10月22日(ブルームバーグ):欧州連合(EU)の銀行は自己資 本について、バーゼル銀行監督委員会が9月に打ち出した最低基準を 上回る追加的な資本バッファーを求められる可能性がある。

欧州委員会のバルニエ委員(域内市場・金融サービス担当)の報 道官であるシャンタル・ヒューズ氏は、金融危機の再発防止に向けて 銀行は好況時に追加的な資本の保有を求められる可能性を指摘した。 22日に公表される計画によると、目標を達成できない銀行は、賞与や 配当の支払いが禁じられるもようだ。

ヒューズ氏は「金融危機から得た重要な教訓は、銀行が十分な資 本を保有しなければならないことだ」と述べた。また、欧州委員会が 今回の提案について意見を募る方針を示した。

バーゼル委員会は、金融危機につながった過剰な融資を抑制する ため、追加的な資本バッファーを導入する選択肢を監督当局に与えた。 バッファーはリセッション(景気後退)の際にも銀行の損失吸収を手助 けする。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE