米キャタピラー株が下落、年金コストなどの費用増見通しを嫌気

建設機器メーカー世界最大手の米 キャタピラーの株価は21日のニューヨーク市場で下落した。2011年 にコスト増の「逆風」に見舞われるとの同社予想が嫌気された。

同社は同日の決算発表で、年金や退職者向け健康保険補助、研究 開発、税金費用が増加するとの見通しを示した。同日の株価終値は前 日比1.43ドル(1.8%)安の78.89ドル。

ブルックフィールド・インベストメント・マネジメントのコーポ レートクレジット担当マネジングディレクター、ジョエル・レビント ン氏は電子メールで「一部の投資家は年金やヘルスケアの影響を過小 評価していた可能性がある。商品コストも先行き見通しに影響する」 と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE