中国平安保険:11年の投資リターン、大きな改善見込まず-陳副CIO

中国2位の保険会社、中国平安保 険(集団)は、2005年以来最悪となった運用成績の改善を図るため、 不動産やプライベートエクイティ(PE、未公開株)投資への分散化 を行うとともに、中国株の保有を拡大する。

陳徳賢副最高投資責任者(CIO)は21日、上海でのインタビュ ーで、「リターンは昨年を下回っている」とした上で、債券利回り低下 と指標となる株価指数の下落を受け、過去5年間で「最も厳しい時だ」 と語った。平安の資産運用部門の会長として6000億元(約7兆3200 億円)の運用にも携わる同氏は、「2011年の投資リターンも今年の水 準からほぼ横ばい」との見通しを示した。

中国保険監督管理委員会(保監会)は8月、保険会社に不動産や 未公開株への投資を認め、株式市場での投資についても規制を緩める 方針を明らかにした。陳氏によると、同社の資産構成(ポートフォリ オ)に占める確定利付証券投資の割合は今年6月末時点で86%、株式 は9%だった。

陳氏は、「信用リスクをさらに取ることで運用利回りの改善を 図る」方針だと語った。平安保険の1-6月(上期)の投資運用利回 りは3.7%と、前年同期の4.8%から低下した。

--Chua Kong Ho and Judy Chen, With assistance from Zhang Shidong and Dingmin Zhang. Editors: Allen Wan, Linus Chua

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 藤田比呂子 Hiroko Fujita +81-3-3201-8662 hfujita2@bloomberg.net Editor: 記事に関する記者への問い合わせ先: Chua Kong Ho in Shanghai at +86-21-6104-3048 or Kchua6@bloomberg.net; 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Linus Chua at +65-6212-1530 or lchua@bloomberg.net

%CNY %USD

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE