韓国:レアアース調達で中国産への依存度引き下げへ-輸入は既に減少

韓国は、レアアース(希土類) 調達で中国への依存度を低下させる計画だ。ハイブリッド車や風力タ ービンに使用されるレアアースの輸入量は既に、2005年以降全体で 約7割近く減少している。

知識経済省の鉱山資源部門幹部のキム・サンウー氏は21日の電 話インタビューで、韓国政府が中国による輸出規制の継続を予想して いると述べ、増加する需要に対応できるよう在庫を増やす方針だと説 明。「中国以外に日本や米国などとも協力する方法を探り、共同で鉱山 を開発する可能性を見極めていく」考えを明らかにした。

世界のレアアース供給の97%を占める中国は今年7-12月(下 期)の輸出枠を72%縮小した。知識経済省によると、韓国による2009 年のレアアース輸入は加工後も含め2655トンで、05年の7398トン から減少。キム氏によると、輸入減少の背景には、レアアースを使用 するブラウン管テレビなどの製品が時代遅れとなったことや、企業が スチールやアルミなどの代替品に乗り換えたことがある。

韓国のレアアース輸入のうち約65%は中国からのもので、日本か らの比率は28%。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE