中国海洋石油とガーナ国営石油:コスモスの権益取得で4100億円提案

沖合石油・ガス探鉱で中国最大 手の中国海洋石油(CNOOC)とガーナ国営石油公社(GNPC) は、米石油開発会社コスモス・エナジーがガーナで保有する資産を50 億ドル(約4100億円)で買収することを提案した。資産にはジュビリ ー油田の権益も含まれる。事情に詳しい関係者3人が明らかにした。

関係者が匿名を条件に明らかにしたところによると、CNOOCと GNPCの企業グループとしては初となる現金による買収案は約2週間 前に提示された。

ジュビリー油田の権益23.49%を含むコスモスの資産については、 米エクソンモービルが40億ドルを超える価格で買収案を提示したが契 約成立には至らなかった。今回の提示額はこれを上回る。同油田の原油 埋蔵量は18億バレルと推定され、米東海岸のすべての製油所に4年以 上にわたって供給できる量に相当する。関係者によると、GNPCはコ スモスの資産買収に関し、ノルウェーの石油最大手、スタトイルとも共 同出資について予備交渉を行っているという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE