クレディSは投資銀の報酬積み立て減、業界全体の傾向(4社比較表)

スイス2位の銀行、クレディ・ スイス・グループは1-9月に、投資銀行部門の従業員の報酬とし て前年同期よりも20%少ない額を積み立てた。同部門の収入は前年 同期比27%減だった。

1-9月の積立額は62億1000万スイス・フラン(約5200億 円)。これは収入の49%に相当する。前年同期は77億8000万フラ ンで、収入に対する割合は44%だった。同行が21日ウェブサイト で明らかにした。

今年1-9月の積立額は部門従業員2万1200人に対して1人 当たり29万2924フラン(約2500万円)となる。前年同期は1万 9300人に対して1人当たり40万3212フランだった。

投資銀行は年間を通じて収入の一部を積み立て、報酬の大きな 部分を年末にボーナスとして支払う。今年1-9月は米ゴールドマ ン・サックス・グループとJPモルガン・チェース、モルガン・ス タンレーでも投資銀行従業員の報酬積立額は昨年に比べ減っている。

ロンドンの金融機関に報酬についてアドバイスするスクエア・ マイル・サービシズのショーン・スプリンガー最高経営責任者(C EO)は、こうした報酬とボーナス準備金の減額は7-9月期に業 界全体で起こったことを示唆しているとして、「簡単にもうけられる 環境ではなくなり、これが報酬に反映された」と指摘した。

ゴールドマンは1-9月に、報酬準備金として131億ドル(約 1兆700億円)を積み立てた。これは前年同期に比べ21%少ない。 収入に対する割合は43%(前年同期は47%)。

JPモルガンは1-9月の投資銀行部門収入の39%を報酬に 割り当てた。前年同期は38%。1-9月の積立額は78億8000 万ドルとなり、前年同期の87億9000万ドルを10%下回ってい る。

モルガン・スタンレーは前年同期比で12%多い約120億ド ルを積み立て。ウェブサイトによると、収入は43%増えている。 ただ、投資銀行部門については8%減らし、規模拡大したブロー カー部門の報酬準備金を増やした。

各社の今年1-9月の数字は以下の通り。

               Goldman   JPMorgan       Morgan    Credit
               Sachs     Investment     Stanley   Suisse
                          Bank           Investment
                                                     Bank

収入           $30.5bn   $20bn        $23.8bn   CHF12.7bn
報酬           $13.1bn   $7.88bn      $12bn     CHF6.2bn
割合           43%       39%            50%        49%
従業員数       35,400    26,373        62,864    21,200
1人当たり     $370,706  $298,866     $190,681  CHF292,924
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE