アングロ銀、劣後債保有者に新発債との交換を提示-0.2ユーロで

【記者:John Glover】

10月21日(ブルームバーグ):アイルランド政府が国有化したア ングロ・アイリッシュ銀行は、劣後債16億ユーロ(約1800億円)相 当を額面1ユーロ当たり0.2ユーロで新しい債券と交換することを申 し出た。アングロは資本増強を目指している。

アングロ・アイリッシュの21日の発表によると、同行は2014、 16、17年償還の変動利付き債について、額面1000ユーロ当たり0.01 ユーロでの償還に応じない債券保有者に対して新発債への交換を提示 した。新発債は11年償還で、政府が保証する。

グラス・セキュリティーズ(ダブリン)のディレクター、ファー ガル・オリアリー氏は「政府は明らかに交換への参加率をできるだけ 高めようとしている」とし、「参加しなければ、かなり厳しい条件だ」 と述べた。

アイルランド政府は金融機関支援に伴う負担が500億ユーロ強と、 09年の国内総生産(GDP)の約22%に達しており、劣後債保有者と 負担を分け合いたい考えだ。

債券などの債務を額面の割引価格で買い戻すことはキャピタルゲ インにつながり、資本増強に利用できる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE