米ゼロックス:通期利益予想を上方修正、2500人の追加削減を発表

プリンターやビジネスサービス を提供する米ゼロックスは、2011年通期の利益予想を引き上げた。同 社はさらに2500人の削減を含む追加コスト削減を計画していること を明らかにした。

21日の発表資料によると、2011年の一部項目を除く1株当たり 利益予想は1.05-1.10ドル。従来予想では最大1.05ドルだった。 アナリストの予想平均では1.08ドルとなっている。

同社広報担当カール・ランセンカンプ氏がブルームバーグのイン タビューで語ったところによると、人員削減は従業員の約2%に相当。 今後12カ月間かけて実施するという。同社は今年1月にも2500人を 削減する方針を示しており、今回は追加での削減となる。同社は今年、 リストラ経費として4億ドルを計上する見込みだ。従来予想では2億 8000万ドルだった。

7-9月(第3四半期)の売上高は前年同期比48%増の54億 3000万ドル。アナリストの予想平均では54億6000万ドルだった。 純利益は2億5000万ドル(1株当たり17セント)。前年同期は1億 2300万ドル(14セント)だった。一部項目を除く1株当たり利益は 22セント、ブルームバーグがまとめたアナリスト平均では21セント だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE