米マクドナルド:7-9月期は10%増益、欧米で好調

ファストフード最大手、米マク ドナルドの7-9月(第3四半期)決算は10%の増益となった。新 メニューの影響で米国で客足が伸びたことに加え、欧州での事業拡大 が寄与した。

21日の同社発表によると、純利益は13億9000万ドル(1株当 たり1.29ドル)。ブルームバーグがまとめた予想平均は1株当たり

1.25ドルだった。

売上高は前年同期比4.3%増の63億ドル。米国でのフラッペや フルーツスムージーなどの好調に加え、欧州での営業時間拡大や大規 模な内装改造が奏功した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE