中国株(午前):下落、インフレ加速や成長鈍化を嫌気-銀行株に売り

21日午前の中国株式相場は下落。 上海総合指数は1カ月ぶりの大幅安となった。この日発表の中国経済 指標で物価上昇の加速や経済成長の鈍化が示され、銀行や工業株に売 りが出た。

中国農業銀行(601288 CH)は7月の上場以後で最大の値下がり。 中国の9月の消費者物価指数(CPI)が1年11カ月ぶりの高い伸び となったことで、金融政策担当者が追加利上げに踏み切るとの観測が 高まり、CSI300指数の銀行株指数は12営業日ぶりに下落した。

建設会社の中国冶金科工集団(601618 CH)や中鉄二局 (600528 CH)は4%を超す下げ。7-9月(第3四半期)の国内総生 産(GDP)が前年同期比9.6%増と過去1年間で最も低い伸びとな ったことが手掛かりとなった。

上海坤陽投資管理のファンドマネジャー、戴明氏は「予想通り中 国経済が底を打ったのかどうか投資家が見極めようとする中で、相場 はこの水準で一服する必要がある公算が大きい」と指摘。「インフレの 加速は金融政策に疑いを生じさせる」と述べた。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動す る上海総合指数は、現地時間午前11時半(日本時間午後零時半)現在、 前日比38.98ポイント(1.3%)安の2964.97。先月16日以来の大幅 な下げとなっている。上海、深セン両証取のA株に連動するCSI300 指数は前日比1.2%安の3355.97。

--Zhang Shidong. Editor: Richard Frost, Linus Chua

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 関根裕之 Hiroyuki Sekine +81-3-3201-7850 hsekine@bloomberg.net Editor: Ryoji Uchida 記事に関する記者への問い合わせ先: Zhang Shidong in Shanghai at +86-21-6104-7014 or szhang5@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Linus Chua at +65-6212-1530 or lchua@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE