中国人民銀の3カ月物手形発行金利、6月以降で初めて上昇

中国人民銀行(中央銀行)は 21日の公開市場操作(オペ)で、3カ月物手形500億元(約6100 億円)を、金利1.7726%で発行した。発行金利は6月10日以降で 初めて上昇した。

前回となる今月14日およびそれ以前の13回のオペで設定され た発行金利(1.5704%)に比べ、20ベーシスポイント(bp、1 bp=0.01%)の上昇。発行額は7月22日以降で最大だった。人 民銀は今週、2007年以来初の利上げに踏み切り、1年物の貸出基 準金利と預金金利を0.25ポイント引き上げた。

クレディ・アグリコルCIBのエコノミスト兼ストラテジスト、 ダリウス・コワルツィク氏(香港在勤)は、3カ月物手形金利の「20 bp上昇は比較的大きい。3カ月物預金金利の上昇に匹敵し、1年 物の預金金利や貸出金利の上昇とほぼ並ぶ」と指摘。「この動きは市 場金利を高めに誘導するものであり、金融引き締めが本物であるこ とを示すシグナルだ」と語った。

--Belinda Cao. Editors: Andrew Janes, Simon Harvey

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 関根裕之 Hiroyuki Sekine +81-3-3201-7850 hsekine@bloomberg.net Editor: Akiyo Kinoshita 東京内田良治 Ryoji Uchida +81-3-3201-3396 ruchida2@bloomberg.net 記事に関する記者への問い合わせ先: Belinda Cao in Beijing at +86-10-6649-7570 or lcao4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Sandy Hendry at +852-2977-6608 or shendry@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE