グーグルの税率2.4%はアイルランド仕込みのダッチ・サンドイッチ

更新日時

オンライン検索の米グーグルは、 海外利益の大半をアイルランドとオランダの子会社経由でバミューダ へ移転させる会計手法を利用し、過去3年間で31億ドルの税金を節減 していたことが分かった。

6カ国の監督当局に提出された文書によると、グーグルが使用し た利益移転は、弁護士の間で「ダブル・アイリッシュ」や「ダッチ・ サンドイッチ」として知られている会計手法だ。グーグルはこれで、 海外での税率を2.4%と、時価総額でみた米テクノロジー最大手5社 の中で最低の税率を享受した。

米財務省に勤務していた税エコノミスト、マーティン・A・サリ バン氏は、「グーグルに適用される有効税率がこれほど低いのは驚異的 だ」と述べ、「グーグルは世界各地で事業を展開しているが、法人税率 が平均で20%を優に超えるような高税率国が主だ」と指摘した。

米国の法人税は35%、グーグルにとって売り上げ別で2位の市 場である英国でも28%と高い。

グーグルは税法違反で批判されたことはない。グーグルの広報担 当、ジェーン・ペナー氏は「当社の会計手法は、世界各国で幅広い事 業を展開する無数の他のグローバル企業の慣行と非常に似たものだ」 と述べたが、具体的な税対策については言及を避けた。

グーグルの会計手法は、アイルランド子会社から利益を合法的に タックスヘーブンとして知られるバミューダへ移転するのだが、一度 寄り道をしなくてはならない。アイルランド子会社にいったん集めら れた利益は、まず同国での源泉徴収を避けるためオランダに移転させ る。

オランダを間に挟む理由

アイルランドとオランダは、いずれも欧州連合(EU)加盟国で あるため、アイルランドの税法では他のEU加盟国に支払われる特定 のロイヤルティーについては免税とされている。その後、グーグル・ ネザーランズ・ホールディングスは受け取った額の99.8%をバミュー ダへと移す。オランダのグーグル子会社には従業員は一人も登録され ていない。

オランダが2国の間に挟まれていることから、この手法には 「ダッチ・サンドイッチ」の名が付けられた。英タックス・リサーチ のディレクター、リチャード・マーフィー氏は「税金の味がしない サンドイッチだ」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE