UBS:当面は無配の見込み-バーゼルIIIの資本規制で

更新日時

スイスの銀行最大手UBSは30 日、当面は無配になるとの見通しを明らかにした。増資をせずに新た な資本要件を満たすためとしている。

UBSのジョン・クライアン最高財務責任者(CFO)は、ウェ ブサイトに掲載した資料で、「当面の間、配当を支払えない見通しだ」 と説明。UBSはまた、資本要件を満たすための増資は行わない方針 を示した。

UBSによると、新たな自己資本規制「バーゼルIII」の下で、 同行の6月末時点のリスク資産は4000億スイス・フラン(約34兆円) 前後と、バーゼルIIの下での2050億スイス・フランから増加が見込 まれる。これを3000億スイス・フラン近くに引き下げるための措置を 講じる計画だとしている。また、「発表済みの利益目標に基づけば、内 部留保によって中核的自己資本比率の基準を2013年までに満たせる」 との見通しを示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE