ニューヨーク銅先物:0.3%下落-ドル相場の上昇で商品需要が後退

ニューヨークの銅先物相場は下落。 ドル相場が反発し代替投資先としての商品の需要が後退した。

主要6通貨に対するドル指数は一時8カ月ぶりの低水準に低下し た後、最大0.4%上昇した。ロンドンの銅相場は29日、在庫の減少に 伴い2年2カ月ぶりの高値に達した。

オプションセラーズ・ドット・コム(フロリダ州)のアナリスト、 マイケル・グロス氏は「ドル相場の動向が銅相場に若干下押し圧力を かけている」と指摘。「強気派はこれを利益確定の好機ととらえるかも しれない」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先 物相場12月限は、前日比1セント(0.3%)安の1ポンド当たり3.6515 ドル。7-9月(第3四半期)に24%上昇し、四半期ベースとしては 1年ぶりの高い上昇率を示した。