ピアナルト総裁:インフレ率は来年FRBの望む水準下回るだろう

クリーブランド連銀のピアナルト総 裁は米経済について、来年インフレを米連邦準備制度理事会(FRB) が望むレンジに引き上げ、失業率を十分に押し下げるには景気回復は遅 すぎるとの認識を明らかにした。同総裁は30日、ニューヨークで講演 し、「米経済は拡大しており、来年も成長が続くと予想しているが、現 行の成長ペースは失業率の押し下げが大きく進展するには十分でない」 と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE